吉葉 正行

Add: menew50 - Date: 2020-12-03 06:42:22 - Views: 6088 - Clicks: 3707

吉葉 正行(よしば まさゆき) 職名: 教授: 電話/FAX: 電話/FAX: E-mail: jp: URL: 所属・専攻: 工学研究科 機械工学専攻 主要な研究テーマ: テーマ(1) 先進高温材料システムの損傷評価に基づく最適化: テーマ(2). 吉葉 正行,鈴木 康夫,大谷 智一,川辺 豊明,千歳 昭博,堀尾 正靱,前田 雅之,齋藤 大輔,滝澤 吉葉 正行 誠,伊藤 一芳,横山 亜希子,竹口 英樹,笹内 謙一,熊崎 実,朝野 賢司,小川 幸正,山形 成生,ほか10名『バイオマス・廃棄物発電によるエネルギー利用の最前線と課題-地産地消と地域活性-』の感想・レビュー一覧. 5: ニッケル基超耐熱合金のクリープ破断特性への腐食環境効果: 吉葉正行 著. 吉葉正行 電源開発(株)1,000千円 吉葉正行 ニダック(株)1,000千円 研究助成 真鍋健一 日本学術振興会 二国間共同研究(ロシア) 古島 剛 天田財団 1,000 千円 古島 剛 日本アルミニウム協会 300 千円 学内傾斜的研究費. 吉葉正行: まてりあ, 39, p. Amazonで吉葉 正行, 鈴木 康夫, 大谷 智一, 川辺 豊明, 千歳 昭博, 堀尾 正靱, 前田 雅之, 齋藤 大輔, 滝澤 誠, 吉葉 正行 伊藤 一芳, 横山 亜希子, 竹口 英樹, 笹内 謙一, 熊崎 実, 朝野 賢司, 小川 幸正, 山形 成生, 吉葉 正行 吉葉 正行 ほか10名, 吉葉 正行のバイオマス・廃棄物発電によるエネルギー利用の最前線と課題-地産地消と地域. 研究と成果の概要(成果報告書より抜粋) 研究の概要 本研究は、マイクロバブルによる乱流境界層の制御のメカニズムを解明すること.

*1), 高橋 智*,吉葉正行* 1.はじめに 地球環境保全や食料を含めた資源エネルギー問題などの観点から,バイオマスとしての農業系廃棄物の マテリアルリサイクルやエネルギーリカバリー技術の高度化が喫緊の課題となっている.とりわけ昨今のco2 対. 理工学研究科 機械工学専攻. 吉葉 正行 首都大学東京 大学院 理工学研究科 高橋 智 首都大学東京 大学院理工学研究科機械工学専攻 Tamano S Dims Institute Of Medical Science Inc. 東京都立大学大学院工学研究科機械工学専攻 博士課程満期退学,博士(工学). 吉葉 正行 Yoshiba Masayuki ID:首都大学東京 大学院 理工学研究科 機械工学専攻 Department of Mechanical Engineering, Graduate School of Science and Engineering, Tokyo Metropolitan University (年 CiNii収録論文より). 吉葉正行* State-of-Art about Material Development for Waste Treatment Plant-Function and Subjects as Foothold for Supplying Energy-Masayuki Yoshiba Synopsis 年5月25日受付 *首都大学東京大学院理工学研究科,工博(Dr.

See full list on juntsu. 最近のトライボ表面改質として,非常に優れた種々の表面特性を有することからDLC膜が主力であるが,DLC膜の弱点をカバーする点で,セラミック耐熱コーティングも重要である*25-*27。年5月に北京で世界最大規模の国際溶射会議(ITSC)が開催された。ここでは主にコーティング・プロセス,コーティングの特性評価技術,プロセス・シミュレーションなどが議論されている。最近のコーティング技術動向では,耐熱性のセラミック・コーティング・プロセスの開発に関するものが結構多い。トライボ・コーティングの用途や材料面から見ると,例えば工具や金型用の耐摩耗性や耐食性コーティングとしてTiN,TiAlN,CrN,Al2O3,WC-Coなど,高温機械のガスタービンの遮熱コーティングとしての部分安定化ジルコニア(Yttria partially stabilized zirconia)などがある。 また,TiC燒結体電極を利用した放電加工で作成したTiC硬質被膜による耐摩耗性の向上に関する基礎研究*28なども興味がある。その他にTi系被膜ではTiN膜*29,*30やTiCN膜の耐摩耗性*31,WC系の溶射被膜*32,*33などがある。. 1995年度~1998年度 東京都清掃局「清掃工場高効率発電材料検討委員会」委員長代理. ホーム > 【トップ】 イベント > (社)腐食防食協会が主催する「環境-エネルギーフォーラム in 北海道 主 題:地球温暖化防止に向けた 廃棄物発電の再評価と高効率化の促進 技術編2」で 理工学研究科機械工学専攻の吉葉正行教授が講演します。. 高分子系ではPTFEやPEEK(ポリエーテルエーテルケトン)の研究が目につく。例えば,前者ではPTFEの水素雰囲気における転移膜形成と摩耗*49,炭素繊維添加PTFE複合材料における繊維サイズと相手攻撃性*50,後者においてはカーボン繊維/グラファイト/PTFE系*51の摩耗特性,PTFEと窒化ホウ素を分散した無電解ニッケルめっき膜*52などがある。 また,平塚氏らの各種高分子の摩擦発光特性*53や摩擦帯電*54の基礎研究なども興味が持たれる。. 吉葉 正行 YOSHIBA Masayuki; 東京都立大学大学院工学研究科機械工学 Department of Mechanical Engineering, Graduate School of Engineering, Tokyo Metropolitan University.

トーカロ 吉葉 正行 株式会社 取締役を兼務. 委員長代理 東京都立大学 吉葉正行助教授(現教授) 東京都清掃局内委員(部長級) 8名 幹事会長 東京都立大学 吉葉正行助教授(現教授) 清掃局内幹事 4名 幹事プラントメーカー 吉葉 正行 幹事 日立造船株式会社 (遠山一廣,寺島正春). 宮川大海 ・吉葉正行 著. MoS2やグラファイトなどの固体潤滑剤の研究では圧倒的に潤滑被膜関係が多い。ここでは,文献*55~*59のみに止める。 新しい固体潤滑剤としてMoS2やWS2と同じ層状結晶構造を有する遷移金属ジカルコゲナイドのSnS2の潤滑特性が検討されている*60。図2に示すように,SnS2の焼付き荷重はMoS2よりかなり大きく,耐熱性のWS2レベルの耐荷重能が得られていることから,極圧剤として大いに期待される。. ・髙橋 智,吉葉正行:耐熱コーティングシステムの耐はく離試験方法の標準化,セラミックス,第43巻5号(),405-408. 研究者「吉葉 正行」の詳細情報です。j-global 科学技術総合リンクセンターは研究者、文献、特許などの情報をつなぐことで、異分野の知や意外な発見などを支援する新しいサービスです。. 2%)と,ほぼ4件に1件が固体潤滑に関する発表であった。そのまとめを表1に示す。特徴としては,固体潤滑の約2/3が潤滑被膜であり,しかもその中でDLC膜のトライボロジー研究が最も多く,固体潤滑研究中の1/3強あり,いかにDLC膜に関心が集中しているかが窺がえる。 その他で多い研究は,セラミック・コーティングなどの硬質膜などによるトライボ表面改質に関する研究発表が十数件ほどあり,DLC膜コーティングを含めて,日本の固体潤滑ではトライボ表面改質が主流と言っても過言でない。その次にカーボンナノチューブ(CNT)などのナノカーボン関係とPTFEやPEEKなどの高分子およびその複合材料に関するものが10件程度ずつあり,意外にも二硫化モリブデン(MoS2)やグラファイトなどの固体潤滑剤関係は,これらに関係する潤滑技術がほぼ完成されているためか比較的に少ない傾向にあった。. (お知らせ) 令和元年12月24日 防 衛 省 令和元年度安全保障技術研究推進制度(2次募集)採択研究課題について.

Harada:Effect of coating process condition on high-temperature oxidation and mechanical failure behavior for plasma sprayed thermal barrier coating system. 吉葉 正行 本論文では,福山リサイクル発電所(福山)と、津久井クリーンセンター(津久井)を解析対象とし、蒸気温度450℃のボイラ部位の環境解析と腐食状況調査を行うとともに、特に津久井で長期間実用されたAlloy 625過熱器(SH)管の綿密な腐食損傷解析を行った。. 首都大学東京大学院 理工学研究科 吉葉 正行教授が運営委員長を務める『環境-エネルギーフォーラム in 八王子』が開催されます。 (3月16日 (土)) 年2月21日. More 吉葉 正行 images. 宮川 大海,吉葉 正行『よくわかる材料学』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約0件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。 吉葉 正行 首都大学東京 大学院 理工学研究科の論文や著者との関連性. ごみ焼却プラント用高温耐食性鋳鋼の開発 基 吉葉 正行 昭夫*1) 、高橋 治*2、田中 勝*2) 、吉葉 正行*3) 1.はじめに 近年、地球環境保護を目的としてエネルギーの効率的利用が要請され、ごみ焼却処理に. 吉葉正行 (取締役(非常勤)) - トーカロ株式会社 (年3月期)の役員・略歴のページです。健全!どんぶり会計β版は、スマートフォン(スマホ)でも読める有価証券報告書、そして、財務諸表をビジュアル化(比例縮尺)にすることで会社経営を大局でとらえることを可能にするツールが特徴の. Amazonで大海, 宮川, 正行, 吉葉のよくわかる材料学。アマゾンならポイント還元本が多数。大海, 宮川, 正行, 吉葉作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。.

吉葉正行 (取締役(非常勤)) - トーカロ株式会社 (年3月期)の役員・略歴のページです。健全!. 最近のDLC膜のトライボロジー研究で目立つ傾向の1つに油*1-*11および水*12,*13境界潤滑の研究がある。特に油境界潤滑の研究では,応用基礎研究として添加剤の効果について多く検討され,添加剤のDLC膜への吸着機構は明確にされていないが,吸着により著しく摩擦・摩耗が抑制される結果が得られている。添加剤としては過塩基性カルシウムスルホネートなどのCa系添加剤*2,脂肪酸や脂肪族アルコールなどの油性剤*5,エステル系*6,*10,*11,MoDTC(モリブデンジチオカーバメイト)*8などがあり,また乳酸潤滑*3やアルコール潤滑*9の研究も興味深い。 DLC膜の実用で欠かせない特性の1つである耐剥離性の研究も多い*14-*17。. 11: co2削減に向けた耐熱鋼高温化の最近の進展: 日本鉄鋼協会 吉葉 正行 編: 日本鉄鋼協会:.

吉葉 正行 東京都立大学, 工学研究科, 教授研究分担者: 川原 雄三 三菱重工業(株)横浜研究所, 主席研究員 基 昭夫 東京都立産業技術研究所, 主任研究員 高橋 智 東京都立大学, 大学院・工学研究科, 助手. 遮熱コーティングの熱的・機械的特性評価試験方法の開発及びこれら試験方法の国際標準化、溶射皮膜の微構造解析と. 都市教養学部 理工学系 機械工学コース. 教 授 吉葉 正行 先進高温材料システム保証学,グリーンコンポジットの性能保 証学,先進的科学技術・材料技術に関する温故知新学 教 授 若山 修一 人工関節用バイオセラミックスの長期信頼性,セラミックスの. 年の日本の固体潤滑の動向を概観した。本稿で紹介できなかった部分については,トライボロジストの特集号の,単原子層の摩擦と潤滑*61,高分子系材料と固体潤滑*62,セラミックス系材料と固体潤滑*63,ナノ周期積層固体潤滑膜*64,しゅう動電気接点と層状固体潤滑剤*65,宇宙探査と固体潤滑*66を参照されたい。また,年までの最近の固体潤滑の動向については「潤滑経済」バックナンバー*67~*69を参考にされたい。 〈参考文献〉 *1 森広行,中西和之,高橋直子,加藤直彦,大森俊英:トライボロジスト,54(1),40() *2 及川絵里,久保朋生,七尾英孝,南一郎,森誠之,呉行陽,大花継頼,田中章浩:トライボロジー会議,東京,33(-5) *3 吉田健太郎,堀内崇弘,加納眞,熊谷正夫:同上,233 (-5) *4 川口雅弘,青木才子,三尾淳,崔●埈豪,加藤孝久:同上,235(-5) (●=火ヘンに考) *5 初野圭一郎,細見和弘:同上,237(-5) *6 三宅正二郎,小宮光貴,黒坂渡,斎藤雄太,安田芳輝,岡本祐介:同上,239(-5) *7 岩木雅宣,小原新吾,渡部修一:同上,245 (-5) *8 斎藤雄太,黒坂淳,松本安哲,三宅正二郎:トライボロジー会議,名古屋,63(20 08-9) *9 吉葉 正行 加納眞,吉田健太郎,堀内崇弘,熊谷正夫:同上,201(-9) *10 古垣孝志,山本兼司,伊藤弘高,羽山誠,同上,209(-9) *11 岩井邦昭,廣瀬仁徳,広中清一郎:第38回石油・石油化学討論会,東京,196(-11) *12 所舞子,相山雄亮,鈴木章仁,益子正文,山本兼司,伊藤弘高:トライボロジー会議,東京,225(-5) *13 所舞子,相山雄亮,鈴木章仁,益子正文,山本兼司,伊藤弘高:トライボロジー会議,名古屋,197(-9) *14 押元幸一,黒坂渡,松本安哲,金鍾得,三宅正二郎:トライボロジー会議,東京,101,(-5) *15 石井哲資,崔榘躓畸疋田康弘,熊谷知久,加藤孝久:同上,123(-5) *16 佐藤努,齋藤剛:同上,229(-5) *17 堀内崇弘,吉田健太郎,加納眞,熊谷正夫. 1991年度~1999年度 通産省/NEDO「高効率廃棄物発電技術開発委員会」委員. 首都大学東京 大学院理工学研究科 教授(年度) 推定関連キーワード:グリーンコンポジット,疲労き裂進展挙動,バイオコンポジット,高効率廃棄物発電,クリープ破断特性 推定分野:材料工学,機械工学. 石川禎昭: ごみ焼却施設ダイオキシンの法規制と対策, オーム社, P.

438-446; Failure Analysis of High-Temperature Oxidation for Plasma Sprayed Thermal Barrier Coating Sustems with Different Coating Characteristics. 研究者番号 日本の研究. 1) 吉葉正行: 学振123委研究報告, 41, p. 吉葉 正行 東京都立大学, 工学研究科, 教授研究分担者: 高橋 智 東京都立大学, 工学研究科, 助手筧 幸次 東京都立大学, 工学研究科, 助手研究期間 (年度) 1999 – : 研究課題ステータス: 完了 (年度) 配分額 *注記. MoS2,WS2およびグラファイト,PTFE(ポリテトラフルオロエチレン)などの固体潤滑剤は潤滑油やグリースへの添加使用はもちろんのこと,これら自身の固体潤滑被膜および樹脂などとの複合被膜としてトライボロジーには欠かせない。特に機械・機器のしゅう動部品のトライボ表面改質として,固体潤滑被膜はたかだか10μm厚さ程度の薄膜で使用可能で,しかも比較的簡易に成膜ができること,さらに潤滑油の適用できない特殊環境や極限環境下でも適用できる場合が多いことからも重要な固体潤滑法の1つである。 近年,固体潤滑被膜の中でも特にDLC(ダイヤモンド-ライク-カーボン,Diamond Like Carbon)がその著しく優れたトライボロジー特性を有することから,固体潤滑の主役になりつつある。本稿では,ここ1年間の固体潤滑の動向を概観する。 まず,日本における固体潤滑の最近の動向を知るために,昨年のトライボロジー会議(日本トライボロジー学会主催,年5月に東京,9月に名古屋で開催)の研究発表の傾向を調べてみた。それぞれの発表件数は156件および267件で,その中で固体潤滑に関係するものはそれぞれ43件および55件あり,合計では423件中の98件(全体の23. 最近,DLC膜の低摩擦性や耐摩耗性とこれらによる燃費向上の点から,自動車の駆動系部品などの表面改質としてDLC膜コーティングの実用化が盛んに行われている。例えば,四輪駆動において後輪へ適正なトルク伝達をする電子制御カップリング用の電子クラッチにはSi(シリコン)を含有するDLC(DLC-Si)膜が適用され*18,またこれによく対応した4W30GF4の省燃費油も開発されている。 一方,イオンプレーティングPVD法によるDLC膜の利用では,動弁系部品の低摩擦性のバルブリフタには水素フリーのDLC膜がコーティングされている*19,*20。これらを含めた自動車部品や金型・工具への応用例についての詳細はそれぞれ鈴木氏*21や西口氏*22の解説を参考にされたい。 年2月18,19日に東京ビッグサイトで「nano tech(国際ナノテクノロジー総合展・技術会議)」が開催された。その中のASTEC(国際先端表面技術展・会議)シンポジウムでの環境対応型の表面技術として,村川氏*23による「環境負荷低減型DLCコーティング技術の現状と展望」,村上氏*24による「環境対応型切削工具の表面改質技術」の講演があった。アルミニウムなどの塑性加工における環境対策としての無潤滑化または微量油潤滑用の工具や金型へのDLC膜コーティングの適用は大変興味ある内容であった。. 吉葉正行 監修 ; 鈴木康夫 編修: s&t:.

ナノカーボン(NC)のトライボロジー研究の最近の傾向を見ると,NC被膜やNC系複合材料の研究が多い。例えば,カーボンナノチューブ(CNT)薄膜*40-*42やオニオンライクカーボン薄膜*43などがあり,特に前者はSiC表面上のCNT膜で,基材と膜との類似した分子構造から膜特性に関する興味ある結果が期待される。 複合材系では,CNT/POM*44複合材の耐荷重能,セラミックス系のSi3N4/カーボンナノファイバー複合材*45,CNT/ガラス状炭素系のC/C複合材*46などがある。 図1にはCNT/ガラス状炭素系複合材料のSUJ2鋼球に対する比摩耗量のCNT添加量および荷重依存性を示す*46。CNT添加量が10~20mass%レベルで顕著な摩耗低減効果が得られている。また,この添加濃度範囲では低摩擦および低相手攻撃性も得られている。 その他では三浦氏ら*47,*48のフラーレン封入グラファイトのナノ摩擦特性の研究成果も興味が持たれる。. 教科・科目 : 機械工学 ※現在、弊社サイトからの直販にはお届けまでお時間がかかりますこと、ご了承お願いいたします。. 所属 (過去の研究課題情報に基づく):東京都立大学,工学研究科,教授, 研究分野:構造・機能材料,金属材料,機械工作, キーワード:高温腐食,High-Temperature Corrosion,遮熱コーティング,サーマルバリアコーティング,超合金,クリープ,高温疲労,クリープ-疲労相互作用,高温腐食環境強度,クリープ―疲労. 1991年度~1994年度 厚生省/廃棄物研究財団「焼却処理施設におけるエネルギー転換推進研究委員会」委員.

吉葉正行 | HMV&BOOKS online | 吉葉正行の商品、最新情報が満載!CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う、国内最大級のエンタメ系ECサイトです!. トーカロ (4月1日)東京工場副工場長兼管理(総務)中平康樹 明石工場管理(東京工場副工場長兼管理)田中秀和 総務(明石工場管理)中井. 吉葉正行: 大気腐食評価法分科会: 篠原 正: 住宅環境における腐食分科会: 元田慎一: 電気化学インピーダンス分科会: 片山英樹: プラント構成材料溶接部の腐食分科会: 松田宏康: ccsにおける鋼材腐食分科会: 砂場敏行: 腐食現象のセンシング分科会: 松田宏康.

com : 262917 科研費研究者番号 :所属 年度 (平成18年度) 首都大学 東京 大学院理工学研究科 教授. 高橋智, 吉葉正行, 原田良夫. 最近,カーボン膜で分子レベルの超薄膜のグラフェン(Graphene)が注目を浴びている。直接トライボロジーの研究はされていないが,層状結晶構造のグラファイトの単層を1枚剥ぎ取った超薄膜*34,*35で,その電子状態と超伝導性や磁性などが研究*36-*39されている。これらの研究成果からグラファイトやDLC膜に関するより詳細な分子物性が明らかにされることが期待され,特にDLC膜の膜構造とsp2混成軌道に関わる情報が得られ,DLC膜の潤滑特性がより明解されると思われる。 グラファイト構造を有するグラフェンはその電子状態からSi(シリコン)を超える電子材料として,マイクロトライボロジーにおける超小型電子機器のしゅう動部表面への応用も期待される。. 平岡正勝: 廃棄物学会誌, 8, p. 6: よくわかる材料学: 宮川大海, 吉葉正行 共著: 森北: 1993.

吉葉 正行 (委員長以外は五十音順・敬称略) 吉葉 正行 3. , Graduate School on Science and Engineering,Tokyo Metropolitan University).

吉葉 正行

email: [email protected] - phone:(474) 773-9135 x 7159

こ じき 大 百科 - 兄ちゃん

-> 超 限 戦
-> Exile ファースト アルバム

吉葉 正行 - やりたい


Sitemap 1

寺田 恵子 ツイッター - ブルックナー アントン